ちふれ化粧品

夏のお肌は、うるおいが足りない?

まだまだ暑い日が続いています。
この時季、汗をかくのに肌はかさかさ乾燥する・・・。そんな肌悩みはありませんか?
今回は夏にも欠かせない保湿についてのお話です。
 
夏のお肌は、うるおいが足りない?

夏の肌の乾燥とは?

冷房の影響で・・・

電車内や店内など、冷房の効いた場所にいるシーンが多い夏。その冷房の影響で、室内の温度は低下し空気は乾燥しがちです。
そのため、肌表面の水分は奪われ、角質層の水分が減少し、肌は乾燥します。
 
 

紫外線の影響で・・・

たくさんの紫外線を浴びた肌は水分量が減り、角質層が厚くなり、くすみや乾燥、カサつき、肌あれなどのダメージがおきやすくなります。
 
お肌の図解
これらのダメージを秋に持ち越さないためにも、今から保湿を意識したケアを怠らないことが大切です。

おすすめの保湿ケア

おすすめ①
化粧水でうるおい補給をしましょう。
夏はみずみずしい使い心地のタイプがおすすめです。
 

テクニック
朝晩洗顔のあと、適量をコットンまたは手にとり、やさしく顔全体になじませます。
メイク前はコットンでなじませたあと、クールダウンのパッティングをすることで、化粧くずれを防ぎます。
 
うるおい補給
おすすめ②
時間がある時は、シートマスクや、
ジェルタイプの美容液で、ぷるんと心地よい保湿パックもおすすめです。
保湿パック

お手入れ完了

お手入れの最後は、乳液またはクリームで化粧水の水分をしっかり閉じ込めてください。
まだまだ暑い時期が続きますが、心地よいお手入れで暑い夏を乗り切りましょう。
 
乳液またはクリームは、朝は乾燥が気になるときに、必要に応じてお使いください。(メイクの前は、少量でお使いいただくことをおすすめします。)
 
 2014.7.28
ページトップへ

ちふれ化粧品