こんなところにちふれの工夫 Case 2

詰替用のクレンジングリキッドとオイルの違いを、もっと分かりやすくしてほしい。

改善ストーリー

クレンジングリキッドとオイル。共通の容器を使う理由とは?

お客様からいただいた声は「詰替用のクレンジングリキッドとクレンジングオイルが同じ形なので、違いがもっと分かるようにしてほしい」というものでした。 じつは、ちふれの容器はリーズナブルな価格を守るため、できるだけ同じ形のものを使用。そのため、見た目の差が分かりにくくなっていたのです。 私たちは2種類の詰替用クレンジングのデザインを、より分かりやすく変更することにしました。

デザイン変更とともに、より使いやすく。

そして「変更するなら、お客様にとってより良いパッケージにしたい」。そんな思いから私たちは同時に材質や形もイチから見直すことにしました。 形も液体を注ぎやすくなるよう注ぎ口を工夫しました。

パウチと一緒に、ボトルもデザイン変更。

また、より分かりやすいデザインを検討した結果、リキッドとオイルという字を読みやすい大きな字にし、字の周りの色も見分けやすく変更。 詰替用のパウチだけでなく同時に、クレンジングの2種類の本体ボトルも見分けやすい表示デザインをリニューアルしました。

RECOMMENDもっと、「お客様志向の舞台裏」