【NEW】こんなところにちふれの工夫
「アイブロー・アイライナーペンシルくり出し式」

「アイブローペンシルとアイライナーペンシルを間違って購入してしまった」
そんな声から、パッケージをわかりやすいデザインに変更しました。

アイブローペンシルとアイライナーペンシルを間違って購入してしまった。

改善ストーリー

アイメイク商品を、見分けやすいデザインに

2020年の秋冬、「アイブロー ペンシル くり出し式」「アイ ライナー ペンシル くり出し式」、それぞれの商品パッケージが生まれ変わりました。

その裏側には、「いつもアイブローペンシルくり出し式を使っているが、間違ってアイライナーペンシルくり出し式を購入してしまった」、そんなお客様のお声がありました。

以前は、商品名や色の種類、アイテム形状をあらわしたシンプルなデザイン。それに対し新しいデザインは、眉毛や目などのイラストを入れ、「どこに使うアイテムか」が、売り場でもひと目でわかりやすいものに。また、イラストや色番号の位置をアイメイクカテゴリで統一。店頭で商品の違いに気づきやすく、これまで以上に安心してお求めいただけることを目指しています。
アイメイク商品のBefore・After画像

創業以来、守ってきた「ちふれらしさ」を第一に

デザインを刷新することや、パッと目立つイラストを入れることは簡単かもしれません。しかし、ちふれの製品は、創業から長く守り続けてきたイメージを大切にしています。安心感やあたたかみ、シンプルでどんな方の暮らしにもなじむと感じていただけるパッケージの良さはそのままに、誰にでも伝わりやすいデザインに。そんなバランスにも最大限に気を配りながら、何通りものデザイン案をつくり、調整を重ねました。

ちふれの製品は、長年にわたり愛用してくださっているお客様はもちろんのこと、初めてメイクアイテムを手にするような若い世代まで、幅広い方に支えられています。

どんな人にも、「わたしの暮らしにぴったりだ」と感じていただける。そんな製品づくりを目指し、パッケージのひとつひとつにもこだわりを忘れずに工夫を重ねています。