ちふれ化粧品

その小ジワ、まだ間に合うかも!今始めたいふっくら肌習慣!

乾燥の季節、肌へのダメージは?

日に日に朝晩の肌寒さが増してくるこの季節。
実は、寒さだけでなく、乾燥も厳しくなっています。
1日中、空気にさらされている肌は、
こうした季節の移り変わりに敏感。
「なぜか冬になると老けて見えちゃう」という方は、
乾燥で肌がダメージを受けているのかも!
日に日に朝晩の肌寒さが増してくるこの季節。実は、寒さだけでなく、乾燥も厳しくなっています。

冬の肌が受けるダメージって?

そもそも冬は、気温だけでなく湿度も下がっています
そもそも冬は、気温だけでなく湿度も下がっています
その結果、様々な乾燥リスクが!

実は、乾燥は小ジワの原因になることも!

もともと人の肌は、冬が近づくにつれて汗と皮脂の分泌量が減少し、肌の表面を保護する皮脂膜がつくられにくくなります。
さらに、空気が乾燥すると、肌表面にもダメージを受けて…

  • うるおいを保つ力が弱くなる
  • 肌表面のしなやかさが失われる
  • 小ジワができやすくなる

といった肌トラブルが起きやすくなります。
特に目もと・口もとは皮膚が薄いため、乾燥による小ジワができやすくなるのです!

【理想の肌】【乾燥が進んだ肌】
そんな乾燥による小ジワを目立たなくするにはお手入れに美容液をプラスするのがおすすめ!

そもそも美容液って?

美容液とは、肌の生理に基づいた保湿成分が含まれたもの。角質層の水分を増やして保水力を高めるので、肌から水分が逃げるのを防いでくれます。とろみのあるテクスチャーでなめらかな使いごこちが特徴です。

角質層 美容液

なぜ美容液が小ジワにいいの?

乾燥した肌は、表面を保護する皮脂膜がつくられにくい、いわばノーガード状態。保湿成分が含まれた美容液でケアすることで、肌表面にうるおいを取り戻すことができます。これにより乾燥による小ジワを目立たなくしたり、小ジワの予防につなげることができるのです。
※所定の試験またはそれと同等以上の適切な試験を行い、効果を確認できた美容液のみが、乾燥による小ジワを目立たなくする効果があります。

夜も!朝も!お助けアイテム「美容液」でお肌の乾燥を撃退しましょう♪

いつ使うの?

保湿を目的にした美容液の場合、化粧水と乳液の間に使います。適量(2~3滴)を手にとり、やさしく顔全体にのばし、なじませます。夜は適量をしっかりと、朝は化粧くずれを防ぐために少なめにつけるのがおすすめ♪

化粧水 美容液 乳液or保湿クリーム

※朝、乾燥が気になるときには必要に応じてお使いください。(メイクの前は、少量でお使いいただくことをおすすめします。)

どうやって使うの?

とろみのあるテクスチャなので、コットンなどは不要。適量(2~3滴)を手にとり、やさしく顔全体にのばしなじませます。顔が冷たい時は、手のひらで肌を包み込むようにおさえ、肌を温めながらなじませましょう。

美容液の使い方

効果的な使い方は?

目尻や口もとなど、乾燥による小ジワが特に気になるところは、重ねづけで集中ケア。やさしくとんとんと指の腹でなじませます。

効果的な使い方
おすすめの美容液はこちら♪
ちふれ 美容液 ノンアルコールタイプ
「蓄える」ヒアルロン酸に「守る」トレハロースを配合。 ダブルの保湿力を肌へ。
保湿成分ヒアルロン酸・トレハロースで集中ケア。 角質層へじっくり届き、湧きあがるようなうるおい肌へ導きます。
ちふれ 美容液 ノンアルコールタイプ
45mL 600円(税抜)詰替用 500円(税抜)
ページトップへ

ちふれ化粧品